足立区周辺(城東エリア)でマイホーム計画

足立区・墨田区・葛飾区・江戸川区・荒川区・江東区でかしこくマイホーム探し

足立区周辺のおすすめ不動産屋ランキングボタン
HOME » 新築一戸建て物件購入ガイド【足立区版】 » 資金計画を立てる

資金計画を立てる

ここでは、新築一戸建てを購入する際、必要となってくる資金計画についてまとめています。

とくに、ローンを組んでの購入をお考えの方は参考にしてみてください。

自己資金は物件価格の3割を用意

新築一戸建て住宅を購入する前、大切となるのが資金計画。まずは、次の公式を頭に入れておくとよいでしょう。

【住宅購入資金=頭金(自己資金)+住宅ローン+諸経費(自己資金)】

住宅を購入する際は、ほとんどの人が住宅ローンを利用することになると思います。陰性でももっとも高額な買い物となるので、現金一括払いできるものではありません。

その際、どうしても自己資金として頭金にばかり目が奪われがちですが、住宅購入には「諸経費」も必要になってきます。

自己資金は「物件価格の内3割くらいを用意するもの」といわれていますが、これは頭金だけでなく、諸経費を含めた価格として計算しなければいけません。

頭金にあてる2割と、諸費用にあてる1割を見込んで、物件価格の3割を目標に自己資金を準備しましょう。

財形貯蓄を賢く利用

自己資金を用意するうえでは、「財形貯蓄」を利用すればメリットも大。

利息が非課税になり、住宅取得価額の8割以内で貯蓄残高の10倍、最高4,000万円までの融資が受けられます。年収基準は毎月返済額の4倍以上。

金利は返済がはじまってから終了までの全期間のうち、5年ごとに見直しがされます。

また、自己資金が不足する場合は、両親など親族から援助してもらう手もあります。住宅取得資金の贈与は3,500万円までなら非課税になるので、検討してみる価値はあるでしょう。

住宅ローンは長期間にわたって返済していかなければならないので、家計の負担にもなります。借りるならできるだけ少なく、短い期間になるよう設定してみましょう。

そのうえで自己資金を上手に積み増ししてください。

新築一戸建て購入資金シミュレーション

では、足立区北千住の新築一戸建てを例に、住宅購入にかかる諸費用をみてみましょう。

【物件】東京都足立区北千住/新築一戸建(土地150平米、建物100平米)

【物件購入内訳】

(諸費用内訳)

購入合計金額:3,573万2,800円

この合計金額に、自己資金266万4,130円+住宅ローン3,630万円を加えると支払い総額が3,866万4,130円になります。

 

路線・駅から選ぶ足立区の新築一戸建て

エリアから選ぶ足立区の新築一戸建て

新築一戸建て物件購入ガイド【足立区版】

足立区の優良不動産業者選び3つの秘けつ

足立区周辺でおすすめの不動産会社ランキング

足立区の住みやすさ大研究