足立区周辺(城東エリア)でマイホーム計画

足立区・墨田区・葛飾区・江戸川区・荒川区・江東区でかしこくマイホーム探し

足立区周辺のおすすめ不動産屋ランキングボタン
HOME » 路線・駅から選ぶ足立区の新築一戸建て » 日暮里・舎人ライナー

日暮里・舎人ライナー

ここでは、足立区内を走る「日暮里・舎人ライナー」沿線のおすすめ新築一戸建て情報をまとめています。

また、沿線の特徴や、足立小台駅~見沼代親水公園駅間の各駅周辺のまち・地域の特色などについて紹介していますので、このエリアで物件をお探しの方は、参考にしてみてください。

【日暮里・舎人ライナー沿線】でおすすめの新築一戸建て情報

●足立小台駅~見沼代親水公園駅

鉄道空白地帯を埋める最新路線

日暮里・舎人ライナー 停車駅の画像日暮里・舎人ライナーは、東京都交通局が運営する新交通システムです。いわゆる鉄道ではなく、新橋~お台場方面をむすぶ「ゆりかもめ」と同じ方式となっています。

既存鉄道路線の利用が難しいエリアに、2008年3月30日に開業したばかりの路線です。住民の足となることを前提しているため、全長9.7kmの区間に駅が13駅。沿線なら、どの駅でも徒歩10分程度で利用することが可能です。

起点である日暮里駅を出発すると荒川区内を抜け、隅田川を渡ると足立区内の最初の駅である足立小台駅に到着。

そして、荒川を渡ったあとは扇大橋駅から終点の見沼代親水公園駅まで、足立区の西部地域を南北にカバーしています。

また、地図で見るとよくわかりますが、日暮里・舎人ライナーには大きなカーブがほとんどなく、ほぼ一直線に貫いているという特徴もあります。

区内を走るほかの鉄道路線とはことなり、北千住駅周辺を経由していない路線でもあります。つまり、日暮里まで直行することが可能で、山手線への連絡が容易な路線であるといえるでしょう。

これらのことから、足立区西部地区の住民にとっては、大きな利便性をもたらし、交通機関の空白を解消した立役者といえます。

 

路線・駅から選ぶ足立区の新築一戸建て

エリアから選ぶ足立区の新築一戸建て

新築一戸建て物件購入ガイド【足立区版】

足立区の優良不動産業者選び3つの秘けつ

足立区周辺でおすすめの不動産会社ランキング

足立区の住みやすさ大研究